HOME プロフィール

Author:だんぼ
FC2ブログへようこそ!

最新記事 最新コメント 最新トラックバック
月別アーカイブ カテゴリ

はじめのいっぽ -我が家のお絵かき大会-

どんぐり倶楽部のどんぐり問題記録です。 答えはおまけ。だから我が家ではお絵かき大会と称してます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご都合主義?

下の子。

まだまだメルヘンワールドな脳内なのか、彼女の性格である【私がルール】的な所があるのか。。。

書いてある問題を、自分の都合良いようにすり替えます(笑)

問題文がよく分からなくて、な時の言い訳?が、「だってそう思ったんだもん!」
どこからその数字が出てきたの!? な数字が出てくると「だってその方が(都合が)いいやん!」

一応、頑張った感は見られるので、特に突っ込まず、ヨシとしていますが(笑)


確かに上の子の時も「この子は頑張ったから2個やねん」と、温情措置を取り入れてたな(笑)

子供の時の特権というか、子供だからこそな、飛躍があるのが、面白い。
小さい子ほど、これが見られ、3年生くらいになってくると、すこーしずつ論理的思考っぽく変化してきて、大人には、この飛躍が見られるのは稀。

スポンサーサイト

宿題の事

宿題のこと。


上の子。

低学年の頃は「先生が絶対」「学校が正しい」、いわゆる親<学校・先生でした。

なので、いくら親が宣言していても、「当然」、宿題も「自分で」「しないといけない」、となり、宿題反対派の私と上の子で言い争いが絶えず、でした。


…が、2年生の後半頃から少しずつ変化が見られ、自分の考えや判断が入り始めてきました。
(これは、1年生の担任の先生も仰られていて、中学年になるころには視野が広がってきます、と)

で、今3年生。
宿題の件は春に宣言して以来、先生の方も「家庭の考えそれぞれ」と一応の納得を見せてくれていますが、時々、ちょくちょく、チクチクと「宿題やってきて」言動が見られるようで。
その度に、子自身から、先生に対して「やれるときはやるけど、しんどい時はお母さんがやる」と、自ら動いているようです。
その度に、私にも宿題に対しての、私の考えを聞いてきます。
「何故」の部分を自分なりに理解しようと頑張っている模様。

3日前は、よく例えられている「お酒」の話でしてみました。
昨日は、宿題よりもまずやっておかないといけない事がたくさんある話を。
・とりあえず、体を動かし、その動きをインプット出来るのは小学生の間。
・勉強は大人になってからでも、いつでも始められる。
・でも、「運動」という分野においては、大人になってから始めても、動かない。
・どう頑張っても、これは小さい頃にどれだけ動かしてきたかで決まる。
・例はパパとママ(笑)

同じような話を、手を替え品を替え何度も何度も話して、その時は納得してるけど、身には付いていない感じですが、それでも何度も言い聞かせ、少しずつ理解され始めている印象。

「宿題をしないこと」に対して、否定的な意見は言わなくなったし、平然と任せるし、私がすることに文句も言わなくなりました。

が、今度は「ママは仕事も家でしてるし(週末持ち帰りが増えてます。。)宿題もしてるし、しんどいやん」と、私を気遣い始めました(^^;;

「何度も言い聞かせる」って、一種の洗脳のような、一方的な感じがして、足元揺らぐ感じがしないでもないですが、でも、それは「歯磨きしなさい」「勉強しなさい」と言いくるめる(?)のと、結局は同じなのかな?
一応、何故か、という理由を話している分、彼女にも選択の自由を与えてることになるのかしら?
未成年・義務教育期間に、選択の自由も何もないとも思いますが。
彼女の思いも汲み取れているのかしら?

子供の立場や考えをトレースしたり、自分の経験したこと、当時思ったことを重ねてみると、糸山先生の言われてることが、常にドンピシャすぎて。。。

それでも、この道が現在選択する最良なのか、合っているのか、答え合わせがない分、不安になったり揺らいだり、検索していろんな意見を読んだり。
インターネットで検索一発でいろいろ意見が読めるとは、その点ではホントいい時代になりました。
20年前だとそうはいかない。

雑感20141022

広告出っ放しの、更新したいけどそこに時間が割けず。

上の子。
2学期になってから、上の子に好きな、気になる子の事をよく話すようになりました。
1学期の時点で、気になるそぶりは見せていて、微笑ましく様子を見ていたのです。
嬉しさと恥ずかしさとがせめぎ合って、「今日のいいこと」の報告に、「あまり喋らなかってん(笑顔)」
微笑ましすぎて、こっちが照れるわ、みたいな、そんな女の子トーク。

私の口癖。
「何も考えてないからやん」「ちょっとは考えやぁ」

ダメですねぇ。 気づく前に口を押えたい(苦笑)
でも、ちょっと先を考えたらどうなるか分かるやん…と反論入れたいくらい、もう、目の前のそのことしか見えてないのが、、、ね。
でも、見えるわけないじゃん! と、冷静になると、自分の当時を思い出しても、確かに親からも同じように言われたけど、でもどうやったら先が見えるようになるのかが分からず、そんな思いをしたことを思い出しました。
何か日本語おかしいですね(汗)


下の子。
入学当時から比べて、どんどん字が雑になってきていて。
3つ言っても1つしか処理できない性格なのか、幼さからなのか、それでも、学校のめまぐるしさに精一杯ついて言ってるからこその、字の雑さ。
下の子は、ついていかないと取り残されるのを本能・体験で知ってるからなのか、とにかくついていく為の努力はするようです。
そこで発揮される集中力もなかなかのもの。
普段のちゃらんぽらんな、天然気味な、八方美人で世渡り上手な、いわゆる「女子!」な下の子の、意外な一面。

そのスピードを落としてあげたいと思うのですが、声掛けだけではどうも聞き入れていないようで(気にも留まってない)。
でも、その反動か、週末休みでどこへも出かけず、私も持ち帰りの仕事がないときは、ひたすら家でゴロゴロ。

妙なところで頑張り屋さんの彼女。


【2MX05】 【2MX20】 【2MX44】 【2MX14】夏休み前半・・・part2(小3/上 2014.08.01~06)

【2MX05】

写真 2014-08-05 7 40 15_R

何がどうなって答えが 400グラムなの??
途中の、【どうやって考えたか】の部分がないよ~

・・・というわけで、説明してもらいました。
(以下、会話のまま)
豆腐の半分が蛋白質で(空間に四角を描いて、その半分を指し)、
こっちの、蛋白質の、半分が筋肉になるねん(さらに半分の部分を指して)。

4つに分けたやろ?
でな、100グラムの筋肉を付けたいって書いてあるやろ?

このなー(筋肉になる部分の空間内四角)、この部分が100グラムやねん。
それでなー、4つに分けたやんかー?
だから、もともとの豆腐に戻そうと思ったら、これ(100g)が4ついるねん。
1,2,3,4やから、400グラムってことやねん。


・・・ということだそうです。お見事~!!


【2MX20】

写真 2014-08-05 7 41 29_R

この日は、上の子の誕生日でした(^^)

いつの時代も、宝箱の中身は、金のキラキラ、金銀財宝的なモノなんですねー。
せっせと教えて植えつけたわけではないのに、こういう世代を超えての共通認識って、面白いですね。

さて、マッコ君は4回ゴールに戻ったので、宝箱は12個
 #ゴールに戻るという言い回しがシックリこなくて、スタートじゃないの?と
 #ツッコミ入ってます(笑)

ザット君は4回で、12個
シロナガ君は7回で、21個


計算式で、式の書き方が間違っているのですが、それは大目に見るとして(^^;;
12+12=24+21=45

ここで全員が集めた宝箱の数を出しています。

その後は、宝箱の中のお宝の数を計算で出していこうとしているのですが、
途中で「2」を何回足したか数えたりしながら、ひたすら足していますが、
途中で何をやりたいのか、よく分からなくなったようで(ワタシが見てもよく分からない(-ム-))

とりあえず、70個だそうです。orz

字が小さすぎて、目が悪いと、このサイズは厳しいわ!・・・とは言っておきました(^^;



【2MX44】

写真 2014-08-08 7 36 20_R

適当に、それらしく計算し、出た答えが、たまたま正解だったという、ミラクルパターン(笑)

・・・ですが、絵は間違えてるわ(左側)計算式はおかしいし、
挙句に、160分が1時間60分と大きな勘違いしてるし。。

ツッコミどころが多くて、これはこれで笑いながら答え合わせをしてました。

絵を見ながら説明してもらってるときに、
3cm区切りの数と9cmの違和感から、
無意識にポロッと「9cmってやたら長くない?」と、言ってしまい、

うわー、ホンマや~
適当に9cmって書いて、適当に区切りながら、最後まで描いてたから、
こんないっぱいイランなぁ! 3つでいいやん!

・・・と次の日に描き直してきたのが右の絵。

でも、絵を書き直したところでホッとしてしまい、
計算式は流用出来ると思ってしまった模様。

その後も書き直しされていないので、わからん帳行きで。


【2MX14】

写真 2014-08-08 7 36 55_R

几帳面、生真面目な性格ゆえに、とりあえず何か答えを書かないと気がすまないようです。

とうとう、愚痴(苦情)が答えとなっていました(笑)

しかも、この日から2泊3日で親子キャンプに出掛けるはずだったのに、
台風でキャンプ自体がなくなり、仕方なく(?)学童に来て、朝から勉強タイムだもの。
そりゃ、子供たちもヤル気出ないよねー


・・・後日、続きをやっていましたが、勘違いな間違いをしてました。

【2MX54】 【2MX34】 【2MX37】夏休み前半・・・part1(小3/上 2014.07.25~31)

一つ一つをまとめている時間がないので(汗)


【2MX54】

写真 2014-08-05 7 39 31_R

CD飛ばすのに、CDの記録面が傷ついたらアカンから~という理由でブルーシートを敷いた。
頑張って50人描いたら、もうそれだけで疲れた~
「下位2人」の意味が分からんかったから、それを聞いたのに、指導員が答えを聞かれたと思って、答えを言った。


・・・というわけで、わからん帳行き。


【2MX34】

写真 2014-08-05 7 39 45_R

前回、答えを言われたので、同じような問題でリベンジ。
でもやっぱり、問題の意味が分からなくて、終了。

答えはオマケ、分からなかったら書かなくていい・・・と言ってるのに、やっぱり書いちゃう。。


【2MX37】

写真 2014-08-05 7 40 03_R

このバッタたちは、他人?兄弟? どっちなんでしょう??
ワタシ自身は、他人だと思っていました。

で、上の子の絵では、【バッタのお母さんx3(色違い)】と描いてあるので、
同じく『他人』という認識だと思っていたら、
上の子の頭の中では「ピョンピョン、バサバサ、パタパタは兄弟で、そのお母さん」という説明をされました。

確かに、お母さん「たち」とは書かれていないしねぇ。
「お母さんは1人(当たり)何円を出すことになるか」と読めるし。

どちらでもいいのかしら??

計算では、足りない差額分、62円に行き着くまで延々「3」を引いています。
この「3」は、バッタ兄弟たちの人数の「3」で、引かれた回数が、つまりは、
一人当たり出してもらわないといけない金額。

・・・という風に計算しています。

ついつい割り算を使ってしまいそうになりますが、この問題は【2M】で、まだ割り算を習ってないし、使えないし。

幸い(?)、上の子は、呪文掛け算もまだまだマスターしてないし、足し引きですらヒーコラな状態ですから!

でも、答えまでの道筋は、キッチリ見えていました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。